シェルフといえば、ウッドシェルフやオープンシェルフが人気です。他にもメタル製やスチール製、ワイヤー、ライト、ガラス、ラックなどが人気を集めています。お部屋の模様替えや引越しなどで、シェルフを飾るなら、素敵なブックシェルフ(本棚)やウォールシェルフ(壁棚)を配置するのも良いですね。他にも素敵なインテリア家具なら、柳宗理のバタフライスツールやバルセロナチェア、ル・コルビジェのソファーがおすすめです!

柳宗理さんとシェルフ

シェルフというとウッドラックの木製シェルフやカントリー調の
ものが人気が高いそうです。
他には、アンティーク調のブックシェルフやオープン、メタル、
スチール、アイアン、ワイヤー製の棚が人気があるようです。
みなさんはどんなシェルフが好きですか?
実用的なのは壁掛けタイプの物や、ウォールタイプの物が
良さそうですね。
このタイプはウッド製のもので無印良品などにもあるので、
一度探してみるのもいいでしょう。
さてシェルフなどのデザインというと、工業デザインが深く関係して
います。今日はインダストリアルデザイナーの柳宗理さんについて
調べてみました。
みなさんも柳宗理さんのバタフライスツールとか見たことないですか?
手の平を合わせて上に向けたような、特徴的なデザインのスツールを
作った事で有名です。

・柳宗理(やなぎむねみち・そうり)
1915年(大正4年)6月29日生まれ。日本を代表するインダストリアルデザイナー、テキスタイルデザイナーの一人。
通称『象の足』のスタッキングスツールは有名。ユニークな形態と意外な実用性を
兼ね備えた作品が多い。
実父は柳宗悦。海外ではSori Yanagiと呼ばれており、国内でも「そうり」という発音で呼ばれる事が多い。

1915年、東京都原宿に生まれる。1940年、東京美術学校洋画科卒。
1952年に柳宗理工業デザイン研究所を設立し、第1回新日本工業デザインコンクール
に出品し第1席『レコードプレイヤー』(日本コロムビア制作)、2席を併せて入選。
これを期に財団法人柳工業デザイン研究会を設立する。
この頃、日本工業デザイン協会創設に参加した。1957年に第11回ミラノ・トリエンナーレに招待出品し、金賞受賞。その後デザイナーとして国際的に活動。
■主な作品
早く沸くヤカン(東京ガス、1953年)
『バタフライ・スツール』(天童木工制作、1954年〜)
オート三輪(三井精機制作、1956年)
東京オリンピック聖火コンテナ、トーチ・ホルダー(1964年)
『スタッキング・チェア』(コトブキ制作、1965年)
札幌冬季オリンピック聖火台(1970年)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柳宗理さんは、シェルフこそ作ってないものの、バタフライスツールや
スタッキングチェアはとても有名ですね。
その洗練されたデザインは、今からはるか昔に作成されたにもかかわらず、
古さを感じさせず、とてもシンプルでオシャレなデザインになっています。
やっぱり良いものって時代を超えて愛されるんですね。
きっと柳宗理さんがシェルフを作ったら、素晴らしい作品が出来上がるんでしょうね。
シェルフマニアの私としては是非とも欲しいです〜。
ちなみに私は「やなぎむねみち」でなくて、「やなぎそうり」だと
ずっと思っていました(^^;)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4706281

この記事へのトラックバック

ずりゅずりゅしてた!!
Excerpt: 今までゴム付きでしかやったことなかったけど生ってスゲーのな!! なにあのチン棒に絡み付いてくる感触w 生だったから報酬7マンにアップしてくれたし、おれ丸儲けじゃんねwww
Weblog: 宮川次郎太
Tracked: 2010-04-24 09:46